2015年2月28日土曜日

CHUWI Vi8のデュアルOSモデルを予約しました

非常にリーズナブルでめっちゃ欲しかった
デュアルOS中華タブがめちゃくちゃでている中で僕が目につけたのはこのCHUWI Vi8です
CPUは定番のIntel Z3735FでRAMが2GBとAndroidOSではAntutuベンチマークが34000前後ほどのスペックがあり、Nexus5が30000に届かないくらいのスペックなのでAndroidOSはサクサク動きそうです
スマホでAtomCPUを搭載してる端末は見たことありませんしタブレットならではの利点ですかね
まあ1年前のスマホに負ける鉄くずだったらいらんわなw

WindowsOSはまあ3Dゲーム以外なら出来るって感じですかね
動画編集も出来ましたし(Teclast X98 Air2)WindowsOSが外出先で必要なときにMicroUSBのOTGケーブルがあればなんでもできそうな感じでしょうか

AndroidOSに最適化された3Dゲームなら問題無いと思いますよ。Asphalt8とか多分余裕でしょう
届き次第速攻レビューしたいと思います


なぜCHUWI Vi8を選んだのかといいますと、RAM2GB搭載モデルの中で最安値かつ同価格帯ではバッテリーが5000mAhと多いにもかかわらず8インチで305gとめちゃくちゃ軽いからです。
RAM1GBならもっと低価格(それでも2000円違い)で売られている機種もあるのですが、RAM1GBはWindowsOSがきついですしAndroidOSでもゲームも快適に動作させるなら2GBは必要でしょう
予算があるなら64GBモデルを買ってみてはいかがでしょうか。
デュアルOSモデルは64GBが幾つか存在しています

さらにこの条件だと同価格でONDA V820というバッテリー以外同スペックのタブレットが買えるのですが、CHUWI Vi8ではAndroidからWindows、WindowsからAndroidへの移動が各OSともワンタッチで移動できるというのもポイントでした
ワンタッチ切り替えって中国語で書いてある
ということでとりあえず届くのを待ちましょうか

赤札天国での購入はこちら
http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=6147

赤札天国の楽天支店でも販売中
read more "CHUWI Vi8のデュアルOSモデルを予約しました"

2015年2月23日月曜日

Chinatelecom i7 思い出し書き

画像、これだけしか残ってないんですよ。
まるで戦後の家族写真みたいだぁ…
初めて買った中華タブであり3,980円という今までこれより安いタブレットを見たこと無いレベルで安かったです
スペックこそ1GhzシングルコアでRAM512MBというローエンドかつ、Android2.2でできることも限られていましたが、Google Playを導入し、なんとかTwitterクライアント各種(当時ツイ廃だった)とその時人気だったゲーム(ぐんまのやぼうとかモバマス)をやっていました
とにかく激重でしたね。これほどまでに重い動作があるのかってくらい。
しかも感圧式液晶なのでDSの下画面状態でした
記事書きながら思い出してますがタイピングが追いつかないくらいこいつは特徴があり突っ込みどころ満載でした。
しかもこいつはフルUSB(スマホの充電口の小さいUSBじゃなくてパソコンについてるタイプのUSB)がありまして、そこに100均で買ってきたUSBライトを挿して夜中にTwitterをよくやったものです
今考えればもう1000円くらい出してAndroid4.0搭載タブレットでも買えばよかったんですけどね。
当時はそんなことも露知らずこいつを買っていました。
僕が中華沼にハマった要因でもあります。
思い出せば思い出すほどなんだか悲しくなってくる。僕にとってはそんな機種です。




read more "Chinatelecom i7 思い出し書き"

ZGPAX S6のレビュー(5) 総評 結局スマートウォッチとして使えるのか

ここ1ヶ月間こいつを使ってきて、色々とわかったことがある
それは、こいつはどうあがいてもOSがAndroid4.4.2なんだということである

これは買う前から、むしろ去年の今頃のZwatch(同じくAndroid4.4搭載スマートウォッチ)を買う前から分かりきっていたことであり、今更取り上げるほどのことではないのである。
だがしかし、実際に使ってみて分かることと考えていたことは思っていた以上に違うものだった

Android Wearと何が違うのか。
Android WearじゃなくてもAndroidから機能が削られただけのOSに負けるわけ無いだろ。
Play Storeでアプリダウンロードできるしなんでもできるだろ。
3G機能が付いてるんだし最強に決まってるやろ。

考えればきりがないほどこいつには期待をして、Root化からXposedの導入まで俺のできることはやってきたつもりだ。
少なくともスマホと連動し通知を確認するまでのことはできるようにはなった。
他にも細かい部分で最適化をして来たしこいつの良さは存分に楽しんだ。
しかしこいつはAndroidなのだ。決してAndroid WearではなくAndroid4.4なるものなのだ。

read more "ZGPAX S6のレビュー(5) 総評 結局スマートウォッチとして使えるのか"

2015年2月8日日曜日

最新格安中華タブ情報 2月号 8000円のWindowsタブレットと最強インターフェイス搭載11.6インチデュアルブートタブレット

今月もネタになりそうなタブレットが見つかりほっこりしているひらちょんです
今回は、今まで格安Windowsタブレットとして猛威を振るってきていたCUBE iwork 7(赤札で13,480円)を大きく下回るね゙ だ ぁ゙ ん゙で登場したWindowsタブレットと、MiniHDMIとMicroSDスロットはもちろんのこと、フルUSBと3Gスロットとクレードル充電ができそうな11.6インチのWindows+Androidを搭載したタブレットの紹介です
8000円のWindowsタブレットからどうぞ




Ployer MOMO7W 


強そうだけど、何かスポーツでもやってたの?

スペック
型番Ployer MOMO7W
CPUIntel Z3735G クアッドコア 1.3GHz(MAX)
メモリー1GB
ストレージ16GB(システム領域含む)
液晶サイズ7インチ
解像度1024×600 HD(IPS)
カメラフロント(30万画素)
Bluetooth対応
I/OポートMiniHDMI,MicroUSB、イヤホンミニジャック、Micro SDカードスロット、内蔵スピーカー、 マイク
バッテリー3500mAh
本体サイズ約190.8 x 111 x 8.8mm
本体重量約280g
ファームウェアWindows8.1
強そうだけどもRAM1GBで解像度も1024x600とスペックは抑え目で、7インチと小さいのでサブ機にうってつけです
これでも一応BluetoothはあるしCPUはAtom Z3735Gなので動画再生ぐらいなら問題なくいけそうです
動画見るだけならデュアルコアAndroid中華タブで事足りるんやけどな
久しぶりに格安な中華タブをお知らせできた気がします
赤札天国で購入の場合は以下のリンクからどうぞ

そういえばMOMO7って響きを久しぶりに聞きましたね
Androidタブレットでは一昔前に代表的な中華タブの一角を担っていましたが、最近ではライバルが多いからかあまり噂を聞きません
今ではAmazonではほとんど見ることもなく悲しみを覚えますね


それでは次に最強インターフェイスタブの紹介に移りましょう


ONDA V116w
11.6インチ FHD IPS液晶
MacBook Airと比べるとはなかなか挑戦的
Core i7搭載機にAtomが勝てるわけ無いだろ!
中華特有の棒グラフでMacBook Airと比べて中華タブのほうが性能がいいとか言い出されるよりかはマシです

中華特有の比較棒グラフ
左側のZ3735DとZ3736Fの比較画像はまだいいけど(30%も処理性能上がるわけないけど)右側のIntel HD Graphicsと主 流 安 卓 平 板 G P Uは大問題ですね…主流安卓平板GPUってMail400とかそんな感じですかね?あてになりません
RAM2GBで内蔵ROMが32GBモデルと64Gbモデルが有りMicroSDは128GBまで対応してるとのこと
フルUSB端子もしっかり紹介されていますねSIMスロットもありまさに最強ってかんじです
デュアルブートタブレットでありながら妥協を許さないスタイルが見て取れます


スペック
OSWindows8.1+Android4.4
型番v116w
CPUIntel Z3736F クアッドコア 2.16GHz
メモリー2GB
ストレージ32GB or 64GB
液晶サイズ11.6インチ
解像度1920×1080(IPS)
カメラフロント(200万画素) リア(500万画素)
3G対応
Bluetooth対応
I/OポートMiniHDMI、MicroUSB、MicroSIM、イヤホンミニジャック、Micro SDカードスロット、内蔵スピーカー、 マイク
バッテリー8800mAh
本体サイズ約297x180x9.9mm
本体重量約766g
材質金属

赤札天国にて36,980円にて販売中
購入は以下のリンクからどうぞ

read more "最新格安中華タブ情報 2月号 8000円のWindowsタブレットと最強インターフェイス搭載11.6インチデュアルブートタブレット"

2015年2月6日金曜日

ZGPAX S6のレビュー(4) スマホとの連動編

Android4.4を搭載したスマートウォッチであるZGPAX S6でしたが、Root化をし、Xposedの導入までしたところで、とある問題にぶち当たりました

これスマホと連携する機能ないからスマートウォッチと言うよりかは超小型スマートフォンじゃね?

何を基準にスマートウォッチなのかわからなくなってきますが、スマホにベルトが付いただけの端末と化しているわけです
SONYのSmartWatchやGALAXYのGearなどは、スマホとペアリングをし、通知を素早く確認したり、液晶を常時点灯させ一般的な時計としても機能する本当にスマートなものなのだ
しかしこのZGPAX S6は、ロック画面こそ変えられるものの常時点灯なんてさせたら半日バッテリーが持つかもわからないし、物理ボタンもいちいち押すのもスマートじゃなければこの寒い時期に手袋をした状態でなおかつ袖の中に時計が埋まっている状態ならばスマホをポケットからだして確認したほうがよっぽどスマートなのである(さすがスマートフォン
更にはAndroid Wearを搭載しているということは、言い換えればスマートウォッチに最適化しているということになるので、アプリが少ないとはいえ必要なことはAndroid Wearのアプリでなんとかなるのであろう

ここまで書いてしまうとZGPAX S6がもう立ち直れそうにないが、ZGPAX S6にだって優っている部分はある
Androidという、既に6年間経って養われてきた豊富なアプリ、機能、カスタマイズ要素を使用し、極限まで自分好みに改造できるということだ
それはGoogle Playのアプリを使うだけでも簡単にロック画面やランチャーを変更でき、設定ではアプリの管理から開発者向けのオプションまで用意され、Root化をすればカスタムROMやXposedを使い内部の奥深くまでいじり倒せる。まさに玄人向けのデバイスとなるのだ
しかもZGPAX S6は、3Gを搭載しているので、リアルタイムで天気を表示させたり、その気になればブラウジングをすることができるので、やれることは幅広く、リアルタイムな情報を得ることもできる

つまりはZGPAX S6がスマートフォンになるのかスマートウォッチになるのかは使い方次第ということです

ということで少しでもスマートウォッチに近づけるために、Google Playからダウンロードできる2つのアプリを使い、スマートフォンの通知を表示し、ロック画面でその通知を確認できる。という機能をつけてスマホと連動させてみましょう

エコー・ロックスクリーン通知

ダウンロードはここから
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.doublelabs.androscreen.echo

 ダウンロードしてアプリを起動後、流れに身を任せれば勝手にロック画面になってくれています
2重ロックになってしまうので、Settings→PERSONAL→Security→Screen lock に行きNoneを設定してあげてください

折角のオリジナルロック画面を無効にしていくスタイル
これでロック画面で通知を確認できるようになりました
次に他のAndroid端末の通知をZGPAX S6で受け取れるようにします

Pushbullet


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pushbullet.android

僕のZGPAX S6ではGoogle Playからダウンロードできなかったので、他の配布サイトからダウンロードして下さい
Pushbullet apk Google検索

通知を送る元となるスマホとZGPAX S6の両方に導入し、以下のとおりに設定します

左からスワイプして設定をタップ

Android端末間で通知を同期をオンにする
設定から通知するアプリを選択することもできますので、お好みで設定してください(日本語表示だしイケるでしょ

こうすることで、スマートウォッチと同じようにスマホの通知を受け取ることができます
あとはXposedを使ったカスタマイズ内容と、常時点灯させても1日バッテリーが持つようにさせたらZGPAX S6についてはまとめきったといえるかと思います
最低輝度かつ白黒表示にさせても半日点灯するかわかりませんけどねw

今回はここまでです


購入はここから
read more "ZGPAX S6のレビュー(4) スマホとの連動編"

2015年2月3日火曜日

【12日まで】メルカリが今度は1億円を配布してるぞ

懲りないんですかね全く…

1000万ダウンロード記念だそうです

メルカリのトップ画面にあるバナーからエントリーボタンを押して出品すればエントリー完了だそうです
今回は12日まで毎日やっているそうなので、毎日出品させるのが目的なんですかね


2月2日から12日まで毎日開催で出品か購入をすればいいそうです
A賞が1万円分のポイントで1日10人ずつ
B賞3000円で100人ずつ
C賞1000円500人ずつだそうです
また、出品か購入が初めての場合かならず当たるそうなので、複数電話回線をお持ちの方はぜひ捨て垢を作って挑んでみてください!

正直メルカリのこの手のイベントは糞出品者が跡を絶たなくてメルカリ側に意味のあるイベントだとは思いにくいのですが、開催してくれるのはありがたいですね
read more "【12日まで】メルカリが今度は1億円を配布してるぞ"